マイナーバージョンアップ

a0015617_05435100.jpg
変更前

a0015617_0552158.jpg
変更後


ドラムに興味の無い人にとっては間違い探しのようなもんかな。(ドラマーにとっても?)

我が家のVドラムのスネアはそろそろ10年選手?ってなところで、センサー部分のスポンジが劣化してきて、対策をなんとなく考えている最中であった。ま、せいぜいヤフオクで中古を入手するくらいのことしか考えていなかったが。

そんなおり、ローランドからアコースティックドラム用のトリガーが新発売されたのを知った。以前の製品と比べて少し安くなった。と言っても基本的には生楽器から信号を取って電子楽器を鳴らすためのものだから、サイレントドラムにとっては使い道がないものと考えていた。
が、しかし。
①新しくなったトリガーはメッシュヘッドに対応するようになった。
②いろんなサイズのメッシュヘッドがTAMAから手ごろな値段(普通のヘッドより安い!)で販売されている。
③普段使わない生スネアがある。
この3点により、今回、我が家のドラムセットはマイナーバージョンアップを果たしたのだ。

我が家に限らず、若気のいたりで生ドラムを買ってみたものの騒音を気にして思う存分叩けない人や、今では叩かなくなってしまった人にとって、このトリガーとメッシュヘッドはなかなか使えるアイテムなんじゃないだろうか。生ドラムのヘッドをメッシュヘッドに交換してトリガーを付け、音源を用意すればエレドラの出来上がり。別途新規でエレドラのセットを買うのに比べて、半額以下で遜色ないエレドラセットを構築できる。

スネアの場合、メッシュヘッドのパッドを新規で購入すると2~4万はするところだが、このメッシュヘッドとトリガーで6千円程度。さらに出費を抑えるために今回ひと工夫したのがリムの防音対策。外径が10mm程度のエアー用ホースに切れ目を入れてリムにかぶせた。大正解でぴったりフィット。効果充分。1mで150円なり。リムガードはローランドの純正品があるようだが、リムの一部分しかカバーしないし、単品で販売しているのか不明。需要を考えるとかなり値が張るのは間違いない。

それともうひとつ、ウチの音源「TD-10」はカタログ落ちした上にサポートすら終了したのか、今回購入したトリガー「RT-10S」の対応製品には名前がなかった。が、予想通り問題なく使えた。

間違い探しの答え
①スネアが12インチ⇒14インチ
②フロアタムが8インチ⇒12インチ
③タム2つ⇒タム3つ

スネアとフロアタムがサイズアップしたことで、打感がよりアコースティックドラムに近づいたと言える。たぶん。
[PR]
by nakamu2f | 2006-06-04 02:00 | 楽団

二輪と幕営のある生活

二輪とか幕営とかの話題が中心の日記のようなもの。

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31