二輪と楽団のある生活

カテゴリ:温泉( 13 )

戸倉上山田温泉

a0015617_19464670.jpg
職場の送別会。
[PR]
by nakamu2f | 2015-03-20 19:46 | 温泉

ロマンスカーで行く箱根1泊2日

a0015617_212193.jpg新宿駅発

a0015617_2131298.jpgお留守番ニャンコのために自動給餌器をセット。出てくるのが待ちきれない様子。

a0015617_2153665.jpg遅延で特急が小田原止まり。登山鉄道に乗り換え、箱根湯本でまた乗り換えて強羅へ

a0015617_2111686.jpg翌朝、ケーブルカー。意外に満員ぎうぎう

a0015617_2112297.jpgロープウェーに乗り換えて大涌谷へ。バブル期のスキー場ばりの混雑。

a0015617_21143062.jpg寿命を21年伸ばして下山

a0015617_21175387.jpg紅葉にはちと早かった

a0015617_21182721.jpg前回は来たときはオープン前だったえヴぁ屋。

a0015617_21204829.jpgわりと最近オープンしたらしい日帰り貸し切り風呂、いい雰囲気。

a0015617_2122122.jpg自分で運転しない旅もいいね

[PR]
by nakamu2f | 2013-11-12 20:59 | 温泉

夫婦(めおと)ツーリング(2)

そばの里 乗鞍高原温泉 ポエティカル
a0015617_225346100.jpg貸切なので写真撮影も可。硫黄の匂いが強い。流量は少ないけど、いいお湯だった。料理も美味しかった。ただ量が多め。
[PR]
by nakamu2f | 2011-09-14 22:50 | 温泉

秋の夕べに照る山紅葉

a0015617_239756.jpg照葉峡。まだちょっと早かったね。

a0015617_2310265.jpgでも楽しい温泉を発見できて満足。龍洞(りゅうどう)温泉。17の風呂をその都度貸切にできる。部屋付きじゃないから、空いてれば17全部、順に入ることもできる。パンフレット写真に比べて実際の設備はけっこう老朽劣化してるけど、趣がある、ということで。
[PR]
by nakamu2f | 2009-10-11 23:14 | 温泉

亀沢温泉 美人の湯

a0015617_21563568.jpg
ぬるかった。ホースのついた蛇口からお湯を足して入った。
露天風呂に入っていたら、雪がちらほら。そのうち本降りに。風流だねぇ。
[PR]
by nakamu2f | 2009-02-11 21:47 | 温泉

からくらかん

加羅倉館。
源泉かけ流し。内風呂のみ。温度高め。
浴室、湯船が会社の鈴鹿の研修施設のに似てる。ナツカシー
よくよく思い出してみると、この温泉、8年前くらいに一度、神奈川の友人とツーリング中に利用したような気がする。
[PR]
by nakamu2f | 2008-04-26 21:41 | 温泉

白根温泉 薬師乃湯

a0015617_2231890.jpg
仕事が一段落したのでレフレッシュのために温泉ソロツー。
事前にネットで循環なしのところを調べて出かけた。
現地に着くと「この温泉は源泉から直接引き入れて使い捨てです。安心してお楽しみください。」と看板がかかっていた。
・・・使い捨て?
[PR]
by nakamu2f | 2008-04-23 22:22 | 温泉

アップハン具合良し

a0015617_2223745.jpg
水上温泉郷のさらに奥、洞元温泉へツーリング。
タヌキの置物が並んでいる。宿泊棟のほうには信楽焼き?のタヌキたちがお出迎えしてくれる。
内風呂は男女別の岩風呂と混浴のヒノキ風呂があり、露天は

a0015617_22283153.jpg
仁王風呂。開放的でいい風呂だが、男性用はそとから丸見え。
15時以降は宿泊棟側の夕立風呂(混浴)にも入れるとのことだが、宝川温泉といい、この辺は混浴が多いのか?

パイプハンは実にナイスポジションで、体のどこにもムリがなく快適。
上体が起きるのでその分腰への負担が増えるかと心配したが、1日300kmほど走行したところ問題なし。
だがしかし、ミラーに問題が。見たいところには自分のこぶしが写っている。応急措置で両面テープで貼る丸い凸面鏡を付けた。が、サブミラーの追加かハンドルの変更を考えないと。
[PR]
by nakamu2f | 2006-07-30 22:22 | 温泉

霧積館

a0015617_2363868.jpg
家から1時間程度で行ける日帰り温泉の旅 第四弾。
「お母さん、僕のあの帽子、どうなったでせうね?」
年配のひとや、松田勇作ファンは「人間の証明」で耳にするらしい詩だが、俺にとっては「動物のお医者さん」の菱沼さんのパロディだ。
その詩と物語の舞台となった「霧積温泉」である。

ひなびている。とてもひなびている。あんなに山奥にあるくせに加温循環だ。一番の売りはお湯よりロケーションであろう。

六角風呂。男女入れ替えだが、そのタイミングはテキトウだ。
a0015617_2311406.jpg湯船も六角。


a0015617_2312986.jpg屋根も六角。柱も六角。建物も六角。



a0015617_23133090.jpg帰り道、廃線になった横川~軽井沢間の線路にて。スタンドバイミーみたい。
[PR]
by nakamu2f | 2006-02-25 23:19 | 温泉

とんぼの湯

a0015617_21444615.jpg
軽井沢に行く用事のついでに、温泉に入ってきた。
テレビなどで取り上げられていて、以前から行きたかったところ。
建物や浴槽など施設はきれいだし、出てすぐのところに喫茶店とレストランがあってイイカンジ。
でも入浴料大人1200円は高い。

昼ごはんを軽井沢駅から西へ向う国道18号線の右側、中軽井沢駅との中程にあるイタリアン「アンティパスト」おいしかった。お気に入りに追加。
[PR]
by nakamu2f | 2006-02-04 21:42 | 温泉



二輪とか楽団とかの話題が中心の日記のようなもの。(不定期更新)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31